おや友のコミュニティ広場です。

oyatomo-banner3.gif

プロフィール

ストーン変人

Author:ストーン変人
年齢 ・昭和30年代生まれのおやじ
血液型・O型
出身地・東京生まれの埼玉在住

FlyFishingと山歩きが好いですね。。愉しいです。

カテゴリー
リンク
当ブログはリンクフリーです。

釣行日は天気良いのかな?


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード

ストーン変人のF.F日記、時々山歩き。。。

Fly Fishingと山歩きが好き。中年サラリーマンの気ままでひとり言のようなブログレポであります・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊峰 富士山 2010.8.28~29

2010 fuji  (9)
今年も富士登山へ行ってきました。日本で一番涼しく。(頂上は寒い)今年は最高の天気。満天の星空の中を流れ星を観ることが出来た。ラッキーな一日です。

眼下には山中湖、河口湖、キラキラ光る富士吉田市の町並みそして厚木市の町並みまで夜空に浮かび上がっています。夜景だけ観て帰って良かったかも・・・(笑)

そして、ご来光の時間になると三浦半島、そして遠く房総半島まで浮かび上がり、頂上から丹沢山地、秩父山地、八ヶ岳、遠くに北アルプス。・・・もうこれには感動、感激。

あとは岩魚が居る渓流があったら最高なんですが・・・・(ナイナイ)

最近の登山ブーム、中でも”山ガール”と称する、スカートとスパッツの組み合わせの女性達。
これまた大勢が数珠なりになり頂上を目指しています。

8~9合目から頂上まで登山客の行列。今年の登山客は30万人を越えたそうです。(2010.8.27)

と言いながら私も無事頂上に到着。富士スバルライン5合目駐車場を深夜1時出発。頂上到着が7時30分。頂上のお鉢周りについては頭痛と体力が底を付いてしまい、火山口の写真を撮るだけで精一杯です。そして灰砂埃りを巻き上げ(耳鼻口の中まで赤い火山灰になって、)地獄の須走り下山コースをひたすら降りていきました。

来年も登る?と聞かれたら今は登りたくないですね~(笑)・・・今度は渓へ行きたいなぁ。

2010 fuji  (3)
このご来光には歓喜極まりました。来てよかったぁ~。


2010 fuji  (5)2010 fuji  (6)

頂上直下では人、人、人、そんな中に可愛い子を見つけました。

2010 fuji  (7)
2010 fuji  (8)
ね!可愛いでしょおとなしくてご主人に甘えていました。年齢を聞いたら7歳、人間で言うと私と同い年?タフですね~。


fuji10.jpg
ようやく頂上に到達。丹沢山地、秩父山地、八ヶ岳、遠くに北アルプス。・・・もうこれには感動、感激。

fuji8.jpg
火山口です。すんごく大きくて少しビビりました。向こう側に剣が峰と旧富士山測候所が見えます。

2010 fuji  (10)
遥か向こうに、房総半島、手前には三浦半島、更に右側には雲の中にある箱根山の金時山が見えます。

2010 fuji  (12)
そろそろ下山しましょうか。
2010 fuji
この須走口コースは地獄の下山コース。。。もう嫌~~。  

次は絶対に渓へ行くぞぉ~。

おしまい。









スポンサーサイト

2010・8 Summer  vacation

10818yamagata (2)
今年も山形県上山温泉へ旅行でした。そしてまた家族を旅館に置いたまま今年は寒河江川C&R区間と寒河江川へ流れ込む支流の大井沢川へ行くことに。
月山ICから20分ほどで朝日山の家に到着。そこには遊魚券自販機が設置されています。
道順としては山形上山ICから、【東北中央自動車道】と月山IC【山形自動車道】を使いますが、現在は無料化社会実験区間としています。総距離52km所要時間45分。交通量が少ないです。

10818yamagata (8)

寒河江川市を過ぎたあたりから入道雲がもくもくと出初め月山IC付近の山間部に入ったところで雨が強く降り出してきました。すでに気持は↓・・・実は寒河江川でアユ釣り師が流されたニュースを見たばかりです。

10818yamagata (9)

そう言えば昨年ですが、最上川支流の月布川でチョッと怖い体験をしたこともあって旧盆に川に入って遊ぶことにためらいを感じていました。だけど釣り師の性ですかね。家族への見栄ですかね。そしてなにより釣りバ○でしょう。

10818yamagata (10)

10818yamagata (11)

でもやっぱり熊出没の看板を見ちゃうと↓×2です。しかも地元の人の生の声で【熊ぁ~でるよ!】とか!【メジロアブが凄い!】とか聞くと気持は更に↓×2になっちゃいます。でもって橋から支流の大井沢川の流れを見ると結構濁りが出ています。こりゃ!増水もあるかもしれないので写真だけ撮るだけにしました。 だけど渓相は良い感じです。
10818yamagata (12)

10818yamagata (14)
次回機会があれば訪れてみますか。

時間が大分余ったので、一旦戻って昼食を取ることに・・・。山形と言えば冷やしシャプー。と、冷やしラーメン。冷やしラーメンを食べさせてくれるラーメン屋さんを上山市で探し回りました。”天竜”というラーメン屋さを見つけましたが、そこの看板には、盛岡冷麺がお勧めと言うことで注文。冷やしラーメンと同じなのか分かりませんが、麺は歯ごたえのある麺です。スープは少し酸味がある醤油仕立て。予想とは大分違っていましたが美味しいかったです。
10818yamagata (17)
10818yamagata (18)

10818yamagata (19)

昼食後も時間たっぷり。実は山形に本社がある”でん六”へ工場見学を事前に予約をしたのですが、夏休みもあって全く予約日が無い状況でした。そこで山形県観光物産会館へ訪れて色々物色。。。で、見つけたのがでん六豆のGiantサイズ900gです。たぶん関東地方では見つけることができないと思います。。。。
10818yamagata.jpg
左側はいつも見るレギュラーサイズ78g。で、右側が、Giantsサイズ900gです。

10818yamagata (27)
手に持つとずっしり・・・。カロリーの計算はしたくありません。。。

それでも時間あるので米沢市の上杉神社へ行ってみることに・・・・。
上杉謙信公と言えば数々の時代劇にもなって最近では大河ドラマでも見た記憶があります。
10818yamagata (21)
米沢市まで来たら天気も回復してきました。

10818yamagata (20)
10818yamagata (24)
10818yamagata (25)
上杉神社で家内安全・無病息災・最後に大漁祈願?

さて、そろそろ旅館に帰りますか・・・・。

2010.8.9 In 荒川支流F川&神流川支流へ

10’78.9 (4)
急きょ9日(月)に振替休日が出来、その3日前にNAKANOさんへ連絡。ご無礼承知で以前から良く通っている荒川支流f川へ連れてってもらいました。

NAKANOさん午前中なら都合が付くとの事で、早朝、コンビニで待ち合わせ。クルマ2台で現地の支流まで行って、そこからNAKANOさんのクルマに便乗して各ポイントを丁寧に教えていただきました。

この日は朝から雨模様で気温も異常な上昇も無く、普通ならベストコンディションのはず。
ポイントに対してのキャストする為の立ち位置。後ろの枝の注意。くもの巣払いまでNAKANOさんは事細かくアシストして下さったのですが、全く反応なし。時々水中を走る魚影を見ます。

以前、NAKANOさんのブログで拝見した。ここF川棲んでいる天然のヤマメにどうしても逢いたいのですが、諦めムードが漂ってきます。そんな中NAKANOさんが後ろで見守っている中、私のフライに型の良いヤマメが出たのですが、私自身集中力が欠けてしまっていて一瞬フライを見失い後からNAKANOさん、大きなため息が聞こえているだけ・・・・。
10’78.9 (3)
気を抜いてはいけない事を改めて思い知らされた出来事でした。正しく”一投入魂”

午前の約束も残り僅かになった最後の堰堤に望みを込めてブラックパラシュート#13を堰堤下の白泡の切れ目にポトリとフライを落として流れにのせると水中で魚影がフライを追うのを発見。

再び同じ白泡の切れ目にポトリと落として30センチ程流れた時!水中から先ほどのヤマメがフライを食ってくれました。ランディングにも成功。
10’78.9 (9)
天然のヤマメを目のあたりにして疲れも吹っ飛ぶF川の釣行でした。NAKANOさんとも、ここでお別れ、次回ご一緒出来ればと話しも弾みNAKANOさんは一路自宅へ。



F川の上流も行って見たい欲もあったのですが、ここまで来たのなら、神流川の支流へ行ってみることに、ここも以前NAKANOさん、尺の岩魚を釣り上げた支流で以前私もその話を聞いて釣行した支流です。今回も同じポイントをたたいてみることに。
10’78.9 (14)
以前よりボサが激しく川幅は1m~2m水深は平均して(くるぶし~すね)辺り、以前ヤマメを釣った場所にF川で使ったブラックパラシュート#13をポトリと落とすと、即効でフライに反応があったのですが食いまで至らず。数回フライを流しますが反応なし。

諦めてもう少し上流に上がった小さな流れ出しと肩が連続する一角にフライをポトリと落とすと全く違う方向からヤマメが水中から走ってフライを食ってくれます。神流川の支流でも綺麗なヤマメを観ることができました。
10’78.9 (24)


10’78.9 (25)
再び渓へ還して、、、

雨も本降りになってきたので夕方5時30分を潮に納竿としました。
NAKANOさん、ありがとうございました。

10’78.9 (30)


次は何処へ行こうかな。
HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。