おや友のコミュニティ広場です。

oyatomo-banner3.gif

プロフィール

ストーン変人

Author:ストーン変人
年齢 ・昭和30年代生まれのおやじ
血液型・O型
出身地・東京生まれの埼玉在住

FlyFishingと山歩きが好いですね。。愉しいです。

カテゴリー
リンク
当ブログはリンクフリーです。

釣行日は天気良いのかな?


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード

ストーン変人のF.F日記、時々山歩き。。。

Fly Fishingと山歩きが好き。中年サラリーマンの気ままでひとり言のようなブログレポであります・・・。

2012.10.13 日光男体山2486m 霊峰へ登拝。

2012.10.13男体山 (91) - コピー
古来より山岳信仰の御山として崇敬されている男体山へいってきました。天気も朝から快晴。頂きから中禅寺湖が箱庭のようにみえました。

なんとかと、なんとかは高いところへ登る。と言う言葉を聞いたことがあるのですが、決してワタシハ“なんとか”ではないと思っています。でも釣りに関しては”なんとか”が付くくらいに好きとですからやっぱりわたしは“なんとか”なんでしょうか??? こんな話は煙に巻いてしまいましょうかね。。。

2012.10.13男体山 (7)
日光二荒山神社の登拝門の1合目の鳥居をくぐり石段を登っていきます。この石段でリズムを合わせていかないと、バテバテになりそうです。他の登山客はスタスタと登って行きますがどうなんでしょうか??

2012.10.13男体山 (14)
2012.10.13男体山 (13)

ミズナラやツガなどの樹林に包まれた山腹は急坂です。小股でゆっくり歩くのが鉄則。私はマイペースで息が上がらない登り方です。(肩で息をするようだとバテバテです)昭文社の山と高原地図に載っているコースタイムと同じ時間。もしくは少し早いタイムでポイントを通過していました。
2012.10.13男体山 (24)
若干舗装された工事用の道路を歩くのは味気ない感じもありましたが、6合目にさしかかると観音薙(カンノンナギ)涸れ沢の地形。ここを迂回して更に進むと広葉樹林が鮮やかな赤に色づき始めて楽しむことができました。

2012.10.13男体山 (40)
2012.10.13男体山 (41)
標高を稼ぎ程無く樹林帯から脱してくると明るく青空が見え、振り向けば眼下にキラキラと水面が光る中禅寺湖。箱庭のように観えて感激しました。頂上へ行けばもっと遠くまで景色が見えます。

2012.10.13男体山 (93)
8合目付近からガレ場や岩盤が現れて急坂が続きます。そして9合目付近からサラサラした火山礫に脚を取られながらも視界が一気に開けます。あと一登りすれば二荒山神社奥宮のある頂上に到着。

2012.10.13男体山 (74)

パノ1
展望は360度の絶景。爽快な展望です。 しかし頂上は時折突風が吹き、それによって体感温度も下がります。

2012.10.13男体山 (76)
毎度のことなんですが・・・太麺でうまいですよ!
美味しく頂いたらゴミを残さず綺麗にしてから下山です。


日光二荒山神社の登拝門まで戻って来てここで儀式があります。。。
2012.10.13男体山 (103)
神聖なる山の土を持ちだし禁止だそうです。汚れた靴底を洗っているのではないんですよ。。。
これから赤沼茶屋から木道を使って少し歩くことにしました。

2012.10.13男体山 (121)
物思いにふけることができる湯川の散策です。。。。

2012.10.13男体山 (129)
振り向けば・・・・そこには男体山。

コピー ~ パノ3
湿原のトレッキング良いですね。。。おしまい。
スポンサーサイト

2012.10.7 養沢毛鉤専用釣り場 Gusonさんの快気祝い。

201210.13養沢 (68)
大手術が終わって釣りに行きたくてウズウズしていたというGUSONさん。快気祝いを兼ねて、おや友のあだむすパパさん、hikaruさん、たつとさん、Gusonさんと、ご一緒に養沢毛鉤専用釣り場へ行ってきました。

10月7日(日)は生憎の雨模様でしたが、趣きがある養沢という感じでもありました。
事務所も春先に放火という事件があったにも関わらず、地元の皆さんの努力と養沢を愛して止まない釣り人達の努力で復興が進んでいました。おそらく来年の春先には新しいレストハウスも完成されているとおもいます。

201210.13養沢 (11)
お昼に蕎麦屋さんに集合。それまで自由行動。私は1番のバッジを頂き、先ずは蕎麦屋さん裏へ直行です。トロ場、淵にはシーズン中に楽しませてくれた魚達が元気に泳ぎまわっているのが見えます。先ずは沈めて様子を見ることに、、、早々ニジマス君がフェザントニンフを食ってくれます。幸先良さそうです。なんだかシーズン中より活性が高いのかな?水量も若干多め、魚にとってはポジティブになったのでしょうかね。。。

201210.13養沢 (41)
春になると綺麗に咲かせる大きな桜の木があるのですが、その大きな桜の木付近に大きな岩があります。ゆったりと水が流れている大きな岩のギリギリにフェザントニンフを流した時、マーカーがピタツと止まって、小さくロッドをあおるとゴツンと根かかりの様な手ごたえ。その後グイグイとロッドが絞られながらもランディングしたのが鼻曲がりのヤマメです。まるでサーモンのような風貌で釣った私はビックリです。秋になって食欲旺盛なったのでしょうね    こんな私でも釣れちゃうんですから・・・・。

201210.13養沢 (7)
お昼まで上流を目指します。蕎麦屋さん裏から神社下まで、ゆっくり釣り上がっていきます。そんな時に立て看板を発見。ム、ム、ム、”熊”が出没!少なからず動揺しました。熊避け鈴を装着してこなかったことを悔やみます。何時も支流に入る時は熊避け鈴を装着しているのですが、まさか養沢に”熊”が出没したとは・・・・。時々大きな咳払いなんかして、ここに人間がいるよ!なんて”熊”に分かる合図をします。※【咳払いをして熊に分かるか疑問】神社下まで釣り上がり時計を見ると昼近くです。蕎麦屋さん裏まで道路に出て下っていきます。おや友のメンバーにはまだ会っていません。

道路からおや友のメンバーを探し、時たま後ろ振り向きながら(”熊”が追いかけて来るような・・・笑)ようやく橋の下の淵でhikaruさんを発見。声をかけて一緒に蕎麦屋さん裏へ・・・。

201210.13養沢 (67)
その頃、皆さんも蕎麦屋さん裏付近にいました。久しぶりに皆さんとお会いしますが、Gusonさんは随分とお痩せになってスマートになってます。やはり大病して大手術した影響でしょうね。体力も完全に戻っていないとのことです。。。それでも皆さんお昼になりましたので手打ち蕎麦屋さんで蕎麦を注文。話と笑の尽きない昼でこいう時が至福の時ですね。

201210.13養沢 (69)

午後も、それぞれ好きな場所に入って釣り開始。天候も回復の兆しで時折日差しがでます。午前中ライズを見かけていたので、午後はドライフライに変更。しかしドライフライが流れてくると反応はするもフライを食うところまではいきません。私の流すフライにドラッグがかかっていたり、ティペットに警戒していたりしているんでしょうね。

201210.13養沢 (59)


201210.13養沢 (91)



201210.13養沢 (72)


201210.13養沢 (39)

それでも、頻繁にライズしているニジマス君をミッジのドライフライで釣り上げたときは嬉しかったなぁー。
夕方5時頃まで皆さんと楽しみました。その後冷えた体を温泉で老体を癒そうということで、養沢毛鉤専用釣り場から10分ほどに”瀬音の湯”という日帰り温泉&コテージ宿泊施設へ。。。。極楽、極楽。。。。。。

夕食も皆さんとご一緒で充実した一日でした。あ~楽しかったなぁ~。

改めてGusonさーん、早く体力を戻してくださいな。それと香辛料は控えめにね(笑)

おしまい
HOME
広告: