おや友のコミュニティ広場です。

oyatomo-banner3.gif

プロフィール

ストーン変人

Author:ストーン変人
年齢 ・昭和30年代生まれのおやじ
血液型・O型
出身地・東京生まれの埼玉在住

FlyFishingと山歩きが好いですね。。愉しいです。

カテゴリー
リンク
当ブログはリンクフリーです。

釣行日は天気良いのかな?


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード

ストーン変人のF.F日記、時々山歩き。。。

Fly Fishingと山歩きが好き。中年サラリーマンの気ままでひとり言のようなブログレポであります・・・。

渡良瀬川支流へ

IMG_0622.jpg暦の上では立秋・・・しかしこの暑さにはお手上げです(泣)。しかも各地でゲリラ豪雨が発生!今回8月9日(土)渡良瀬川水系の右岸より流れ込む支流へ涼を求めてきました。落差のあるダイナミックな渓相で渓へ下りると涼しい風が吹き抜けていきます。
支流でもたっぷりとした水量と透き通った渓の水であります。そう言えば林道の途中に名水と書いてある湧き水があり後で私を助けてくれる重要な命の水でありました。(チョット大袈裟)

最源流まで足をのばすことは出来ませんでしたが、全体的にゴーロ帯で落ち込み続きの流れが多くポイントが至る所にあり魚影の多さを感じさせてくれます。しかもフライを流すと確かに生体反応あり。

入渓したポイントで直ぐにフライに飛び付き水面でジャンプ。惜しくもバラシ!あまり大きく無いようですがヤマメでした。最近バラシが多い管理人であります(泣)。・・・そう言えば使っているフライ、バーブレスフックで巻いているからか?と道具のせいにする管理人であります。

しばらく行くと大堰堤が現れ(汗)。一旦入渓ポイントへ戻り車で上流を行くことに。
渓を覗きながら入渓ポイントを探すと駐車スペースを発見。しかし既に1台駐車。釣り人の様です。
私の車もここへ駐車させ渓へ下りて実釣開始。

フライを流しますが下流より反応が悪い感じです。しかも巨岩によるゴーロ帯が続いており結構キツイであります。(大汗) ペットボトル2本持ってきましたが、1本半は胃袋へ流れてしまいました。

早い流れの向こう側の弛みへ、ヘタなキャストで一瞬ドラグフリーで流れて水中から素速くフライを飲み込んだと同時にロッドを合わすと躍動感が伝わり、バレルナヨ、バレルナヨと念じながらランディングに成功。放流ヤマメですが・・・ふ~(汗)!


IMG_0634.jpg


IMG_0647_convert_20080809234350.jpg
その後ゴーロ帯を釣り上がって行きますが、何故か生体反応が無くなり沈黙の渓と化して居ます。ふと上流を見上げればエッサマン!発見!あちゃ~ だめだこりゃ~!どおりで沈黙する訳ですわ!
時計を見ると12時近く、この暑さと巨岩のゴーロ帯で大汗かいてペットボトルの水を全部飲み干してしまい、一旦林道へ上がる場所を探し、車まで戻り飲み水確保のために、湧き水の場所へ・・・。ペットボトル2本に湧き水を入れ、首と顔を洗い昼飯にします。


IMG_0654.jpg名水と書かれた湧き水であります。




IMG_0651.jpg今回もソックスゲーターで釣行です。


Image011.jpg昼食を済ませ水も確保したところで。エッサマンより上流を目指すため車で林道を上がって行くことにしました。しばらく薄暗い悪路を走ると終点が現れ、既に2台の車が駐車。なんとか私の車もとめて身支度をすると何やら?林道の奥でチラホラ動く影が・・・人か?いや違う・・・?なんだ!なんだ!ドキ!

IMG_0668.jpg狭くて薄暗い林道を・・・。



IMG_0655.jpgデジカメの倍率を最大にして。
野生の鹿さんです。周囲を見渡しましたが家族連れでは無いようで単独でいるようでしたが子鹿ちゃんとお父さん鹿も居たらきっと私も危険な目に遭っていたかも・・・。目と目が合いしばらくして渓へ下りて行きましたが・・。そこは私が下りるところですよ~!と、鹿に言ってもシカトされて・・・(汗)

渓へ下りてフライを流しますが反応がありません。そう言えば車2台留まっていると言うことは、最低でも2人、最高で8~9人がこの渓に入っていることに・・・んじゃ!夕方のマズメ時まで昼寝でもしましょ!・・・。車へ戻り、チョット目を閉じていると・・・。遙か彼方で雷鳴が聞こえてだし空を見上げると積乱雲が筋肉モリモリの如く私の頭上の沸いています。雷鳴もドンドン近くに聞こえて風も吹き始めて、脳裏を過ぎったのがゲリラ豪雨!これはヤバいかも!林道の終点で崖も剥き出し、ガードレールも無いし万が一も考えて早いですが納竿にすることに、片づけをしている内に頭上で稲光が走るようになり、本当に恐怖であります。2台の車の人達も上がってきました。エッサマンとフライマンの一人ずつで吹っ飛ぶように林道を下りていきました。私も同じく吹っ飛ぶように支流を後にしました。この続きは次回に・・・。



IMG_0672.jpg


Image012.jpg




スポンサーサイト

コメント

from たつと
こんにちはストーン変人さん
最近は良く行ってますね! ストッキングゲーターのせいですか(笑)
綺麗な渓ですね。
一人だと 雷なとは特に怖いですね!

私もウエットゲーターを買ってしまい、試して来ましたが、快適でした。
今年の夏は、もうこれしかないですね!(笑)

涼しそう

from Guson
なんだかやけに涼しそうな画像が・・・
ストーン変人さんのスタイルがまず涼しそうなんですね。
それに景色。
今年は精力的に行ってますね。
私はすでにバテ気味です。

ところでいい場所ですね。
今度連れてってぇ~
お・ね・が・い・・・

よろしくお願いしま~す!

from ストーン変人
たつとさん、こんばんは。
早速ゲーターを試されたようですね。
排水機能が有る方ですね。

では次回、ソックスゲーターで渓をご一緒しましょう。よろしくお願いします。(笑)

from ストーン変人
Gusonさん、こんばんは。
渡良瀬川支流へ今度行きましょう。
沢山の支流を抱えている渡良瀬川水系ですから、きっとまだまだ良いところが有るとおもいます。
是非ご一緒お願いします。その前にスタミナ付けてくださいな!
Gusonさんと同行することが楽しみですからね!(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masuzoku.blog112.fc2.com/tb.php/49-c64d2ac7

HOME
広告: